Success Points Of Business & Life 商売と人生の成功するポイント www.MyMannerOnline.com
人間のガイドブックに基づく 質疑応答コーナー  こちらへクリック

イスラム教の5つの柱,何? 2月22日


質問:イスラム教の5つの柱,何?

         答え

1. 信仰告白(シャハーダ)
「アッラーの他に神は無い(第112、純正章、1節)。ムハンマド様は神の使徒である。
(第36、ヤー・スィーン章、3節) と証言すること。(
一神を信仰し、自分のすべてを神に委ねること。一つの神と何ものかを配すること
禁止されている。(第4、ニサ章、48と116節)
例えば神の息子がいるなど、またどんなに美しいや強いもの、
神に対して同類することを避ける。(第16、蜜蜂章74節)
何故なら神を見たことがないからこそ、そのことが失礼にあたります。

そして預言者ムハンマド様は”最後”の使徒である(第33、部族連合章、40節)ことを
含めて、以前のすべての預言者たちに信仰することです。(第2、雌牛章、285節)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2. 礼拝(サラー)
一日五回、キブラに向かって神に祈ること。

神様は自存されている御方(第112、純正章、2節),ですから人間などから、
なにもいりません。逆に人間は誰かに頼らなければ、現世で生活ができない。
また人間のみに頼ると、いつかその人間は亡くなり、生活ができなくなるのです。

ですから人間は一番強い存在、またいつまでも生きる存在が必要であります。
それは神様です。神様は永生に自存される御方(第2、雌牛章、255節)
ですから人間は神様と仲良くならなければなりません。
仲良くなるための有り方として第20、ター・ハー章、14節に”われに仕え、
われを心に抱いて礼拝の務めを守れ”と仰っています。
それによって人間は現世の幸せの生活、また来世の永遠の幸せを
得ることができるのです。

神様がカアバ神殿に向くって礼拝しなさいと仰っています。
(第2、雌牛章、144節)これは礼拝の簡単な説明であります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

3. 喜捨(ザカート)
収入の一部を困窮者に施すこと。

聖クルアーンの各節から信者たちに”喜捨”が義務として説明されています。
(第73、衣を纏う者章20節)
イスラムでは自分のネット利益金の2.5%を喜捨として、両親、妻と子供を除いて、
必要とする人々に提供する義務があります。
第1、ニサ章の25節に神様は”あなたがたは、
(皆)一人の者から次々に(生まれた者で)ある。”と仰っています。
私たちはお互いに人間同士ですから、相手も同じ人間であるから助け合う必要があります。
また喜捨することによって、お金の循環が良くなり、貧富の格差もなくなります、
そしてデフレの脱却と社会の安定に繋がります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

断食(サウム)
ラマダーン月の日中、飲食や性行為を慎むこと。

聖クルアーンの第2、雌牛章の183から185節に”斎戒”つまり断食は義務とされています。
条件として、身体と精神的の安定が必要となります。
断食の一番の目的は創造主のご満悦を得ることです。そして人間を創造なされた
御方ですから、人間が利益を得られるようなことを命じています。
断食によって人間は自己統制することができるから、沢山の人間より上位に立ちます。

ある会社に勤めますとその会社の社長のガイダンスに従って働きますと、
順調に給料などを得られて、幸せな暮らしできます。
これと同じように森羅万象の社長”神様”が仰ったことに従いますと現世と来世の
利益をいただけることになります。これは人間の成就に繋がります。
斎戒によって身体、精神、社会的な利益はなにか?下記のyoutubeをご参照下さい。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

巡礼(ハッジ)

経済的・肉体的に可能であれば、ヒジュラ暦第十二月であるズー=ル=ヒッジャ月
(巡礼月)の8日から10日の時期を中心に、マッカのカアバ神殿に巡礼すること。

第2、雌牛章の196節に信者たちに”ハッジ”、つまり大巡礼のことを義務されています。

この義務についての条件は経済的な余裕があって、また肉体的に整えている場合のみです。
ある人々は人からお金を借りてこの義務を行なうのですが、これは認められないのです。
ですから無理してはいけません。

解説者 リズビ カマル


Videos in posts powered by Youtube channel embed plugin

All Right Reserved. © 2017 - 2014 MyMannerOnline.com (New)