Success Points Of Business & Life 商売と人生の成功するポイント www.MyMannerOnline.com
人間のガイドブックに基づく 質疑応答コーナー  こちらへクリック

質問:イスラムとキリス教, 結婚する場合, 子供の教育にどうすれば良いのか?


聖クルアーンの第2、バクラ章の228節に創造主は”女は、公平な状態の下に、
かれらに対して対等の権利をもつ。”と仰っています。
その意味とは女性は男性と同じように学問を受ける権利があります。
国にもよりますが、必ずでも女子校があるかを限らないのです。女子校がない場合には
男女共学校に入学が望ましいと思います。
だがその場合は娘に自分なりの聖クルアーンや聖書の教えに基づく助言も必要です。
下記の2点守ることによって解決すると思います。

 
1点:  女子のヒジャーブについて
聖書のテモテへの手紙一/ 02章 09節
”同じように、婦人はつつましい身なりをし、慎みと貞淑をもって身を飾るべきであり、
髪を編んだり、金や真珠や高価な着物を身に着けたりしてはなりません。”
聖クルアーンの第33、アハザーブ章の59節に創造主は女性に”以前の
無知時代のように、目立つ飾りをしてはならない。”と仰っています。

 
2点:  食事について
レビ記/ 11章 07-08節に”いのししはひづめが分かれ、完全に割れているが、
全く反すうしないから、汚れたものである。 これらの動物の肉を食べてはならない。
死骸に触れてはならない。これらは汚れたものである。 ”
聖クルアーンの第2、バクラ章の173節に創造主は”かれがあなたがたに、
(食べることを)禁じられるものは、死肉、血、豚肉、およびアッラー以外(の名)
で供えられたものである。”と仰っています。これは聖書と聖クルアーンの共通点で
あります。
上記の教えを前提にして、入学すると問題はないはずです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
日本はイスラムの国ではないので、子供を完全にイスラム方式に基づいて育つことは
混乱であります。だが先ほど説明したように、自分なりの努力が必要です。
私たち人間は結婚することにあったって、夫婦の感情が、必ずでもすべて一致する
ことはありません。だが時間が過ぎるとあらが見えてくるのです。
ですから夫婦は子供のためにお互いに冷静な態度を取る必要があります。

 
子供の明るい将来のために学校行かすことがもっとも重要であります。
————-
説明者: リズビ カマル


Videos in posts powered by Youtube channel embed plugin

All Right Reserved. © 2017 - 2014 MyMannerOnline.com (New)